ハーレクインシリーズ

言わずと知れた、禁断の果実。こんな信じられない世界があるなんて・・・もうどっぷり嵌っています。ロマンス万歳ハーレクインシリーズ万歳
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

沈黙の騎士 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
フランスから来たセレスト姫はイギリスにうんざりだった。道中、信じられないくらいの災難続きで、とても婚約者の待つ北の辺境までたどりつけるとは思えない。嘆く姫に、神は自らのしもべを同行者としてつかわした。教会のステンドグラスから抜け出てきたかのような、神々しいまでの美貌の修道士、ブラザー・ガイを。それはブラザー・ガイにとっては迷惑な話だった。女性がうとましくて、憎門をくぐったのに、誘惑がドレスを着て歩いているような娘の供をせよとは!彼は沈黙の誓いを立て、ひたすら無表情を保つことにした。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
フィリップス,トーリ
米サンディエゴ大学を卒業後、女優、脚本家。詩人として多方面で活動してきた。シェークスピア作品を含め、四十作以上の劇の演出も手がけた。ワシントンDCにあるフォルガー・シェークスピアン・ライブラリーで女優としても活躍中。チューダー朝のイギリスを描くヒストリカル作品で人気を博す。夫とともにヴァージニア州に住んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愛のかたち (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
別居していた妻、ケンドラの突然の訃報。ダンは打ちひしがれ、無力感にさいなまれた。ケンドラだけを愛していた。やり直したいと願っていた。しかしその願いを拒んだまま、彼女は逝ってしまった―絶望のなか墓参りをすませたあと、目の端を人影がかすめた。あそこに立っているのは…ケンドラ?そんなばかな!輝く黒髪も、シルクのような肌も、悲しみが見せる幻なのか?呆然とするダンを前に、その女性は口を開いた。命尽きたケンドラから、大切な伝言を頼まれた、と。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
エストラーダ,リタ・C.
ロマンス小説家の母親の影響を受け、様々な職業を経てから自身も作家に転身。精力的な作家活動のかたわら、アメリカ・ロマンス作家協会(RWA)の創設に加わり、初代会長として尽力した。その功績により、彼女の名を冠したRITA賞が設けられ、優れたロマンス小説を著した作家に贈られている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

宮殿に囚われて―復讐の波紋〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
たった四週間で、ウエディングドレスを作れですって?ミラノのファッションサロンで働く新進デザイナーのサファイアは、ジェバイ王国のシーク、ハリドに半ば命令のように依頼された。しかも、彼の国で完成させなければならいと言うので、サファイアは腑に落ちないままジェバイへ飛んだ。宮殿に到着すると、豪華な部屋と工房をあてがわれ、ハリドに過剰なほどの歓待を受けた。だが、いつまでたってもウエディングドレスの主である花嫁を紹介してもらえない。あまりに奇妙だと思い始めた矢先、彼女は驚愕の事実を知る。

内容(「MARC」データベースより)
たった4週間で、ウェディングドレスを作れですって? ミラノで働く新進デザイナーのサファイアは、ジェバイ王国のシーク、ハリドに半ば命令のように依頼された。しかも、彼の国で完成させなければならないと言われ…。

夜は甘く妖しく (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
父亡きあと領地アノシーを女手ひとつで守ってきたメリサンド。父親の訃報を聞き、サイェルヌの地に戻ってきたクイン。どちらも正式な領主となるには、地域を統轄支配する大領主に認められなければならない。その大領主に呼びつけられたふたりは、ある命令を下された。今夜すぐにも、婚礼の儀式を執り行うこと。夫婦の契りを結ばなければ、領地は没収となる。だが、クインが近隣でも有名な極悪非道の領主の息子と知り、メリサンドは決意した。彼には指一本触れさせない、と。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
デラクロワ,クレア
1993年『汚れなき薔薇』でデビュー。ヒストリカル分野のトップ作家となる。ヨーロッパの広範囲を舞台にしたファンタジックな作風が特徴。カナダのトロント在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

領主の花嫁―遙かなる愛の伝説 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ノルマン人領主のサー・ニコラスが花嫁候補を城に招いている。リオナはその話にまったく興味を覚えなかったものの、乗り気のおじに連れられ、しかたなくダンキース城を訪れた。ところがサー・ニコラスと目が合った瞬間、リオナは恋に落ちてしまう。貧しいスコットランド人の娘が、領主の花嫁に選ばれることはないと知りながら…。

内容(「MARC」データベースより)
ノルマン人領主のサー・ニコラスが花嫁候補を城に招いている。リオナはその話に興味を覚えなかったものの、乗り気のおじに連れられ、しかたなく城を訪れた。ところがサー・ニコラスと目が合った瞬間、リオナは恋に落ち…。

危険を愛する男たち〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『希望は君の瞳の中に』―もう一度海軍特殊部隊の現役に復帰したい。ひざを負傷して以来、それだけがフリスコの望みだった。だが復帰の見込みなしと医者から宣告を受け、酒に溺れる日々を送る彼は、突然五歳の姪を預かる羽目に陥る。どうしたらいいんだ?戸惑う彼に手を差し伸べたのは、美しい隣人マイアだった。『招かれざる求婚者』―中東のアメリカ大使館がテロリストに占拠された。補佐官のメロディはとっさの判断で長い金髪を切り落とし、靴墨を頭にこすりつけた。女だと知られてはならない。救出のために派遣されたジョーンズは、人質が三人とも男であるのに驚く。事前の情報と食い違う。一人は敵か?彼は小柄な男を押さえつけ、胸元へ手を回した。

内容(「MARC」データベースより)
膝の負傷で海軍特殊部隊を離れ酒に溺れる日々を送るフレスコは、突然5歳の姪を預かる羽目に。戸惑う彼を助けたのは美しい隣人マイアだった…。1998年刊「希望は君の瞳の中に」と1999年刊「招かれざる求婚者」の合本。

世界一の花嫁―愛を知らない男たち〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
保安官のトラビスはスピード違反の車を捕らえた。運転していたのはエリザベス・アボット、二十八歳。茶色い瞳が印象的な、なかなかの美人だ。助手席には五、六歳の少女がおびえた様子で座っている。トラビスが質問を浴びせるうち、不意に、その女性は息を詰まらせてハンドルのほうに倒れこんだ。顔面蒼白で脈拍も速い―トラビスは病院に急行し、彼女は盲腸炎とわかって手術を受けた。この町に引っ越してきたばかりで、まだホテル住まい。結婚したことはなく、近くに親戚もいないと言うエリザベス。トラビスはエリザベスに強く惹かれたが、彼女は不審な点だらけだ。幼い娘を連れて越してきたというのに家具やおもちゃなど持ち物が何もないのもおかしい。それに、この女性が未婚のまま子供を産んだのだろうか…。

内容(「MARC」データベースより)
保安官のトラビスが捕らえたスピード違反の車を運転していたのは、幼い娘を連れたエリザベス。盲腸炎で倒れる彼女を病院に運んだトラビスは、不審な点だらけの彼女に強く惹かれていく。

夢に見た海賊―ロマンス・メーカー〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「ぜったいにいやよ、とんでもない話だわ!」キャサリンは必死の抵抗を試みたが、悪友二人の陰謀であえなくアメジスト島へと飛ぶ飛行機に乗せられてしまった。南の島での休暇で仕事のストレスを解消しろというのが二人の命令だ。そして、ついでにロマンスのお相手も見つけろと…。売れっ子ロマンス作家であるキャサリンには、離婚以来浮いた話の一つもない。自分が夢見る男らしい、まるで海賊のような恋人など、この現代に存在するはずがないというのが彼女の持論なのだ。だが、それもバカンス先でジャレッドという男に会うまでのことだった。

内容(「MARC」データベースより)
売れっ子ロマンス作家であるキャサリンには、離婚以来浮いた話のひとつもない。自分が夢見る男らしい、まるで海賊のような恋人など、この現代に存在するはずがないと思っていたのだ。バカンス先でジャレッドに出会うまでは…。

ハーレムの花嫁 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
地中海を渡る途中、エレナの乗った船が海賊に襲われた。父を失い、弟と生き別れて、彼女はオスマン帝国のハーレムへ売り飛ばされた。ハーレムの主スレイマンは、イングランド貴族を母に持つ男。異教徒など野蛮だと思っていたエレナから見ても、彼は知的で洗練された美丈夫だった。しかし、国へ帰してくれと必死にすがるエレナに、スレイマンは非情にもこう言い放った。「決してここからは出られない。おまえは私のものだ」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ヘリス,アン
美容師として働くうちに生来の想像力が鍛えられ、小説執筆の道に開眼したという。イギリスのハーレクイン社から最初の作品を出したのは1981年。以来、約30作のヒストリカル・ロマンスを刊行している。イギリス摂政時代の社交界、中世の古城、オスマン帝国のハーレムと、さまざまな舞台を背景に描く実力派。英ケンブリッジ在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

一夜の代償 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
眠りから覚めたとき、ディー・アンは裸だった。頭がずきずきし、吐き気がする。おそるおそる目を上げると、大きな筋肉質の背中があった。眠っている男の裸の背中は…その下の下までずっと裸。彼女は記憶をたどった。昨日はカーターの結婚式に出た。元婚約者の結婚式に出席するのは、かなりの勇気が必要だった。それからは…?ああ、何も思い出せない!とにかく、この男が誰か確かめなくては。ベッドの反対側に回って、男が抱えている枕をはぎ取る。「あなただったの!」ディー・アンは悲鳴のような声をあげた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マカリスター,ヘザー
1989年にデビュー。さまざまな賞にノミネートされ、現在ではベストセラーリストに名を連ねる作家となる。アメリカ、テキサス州在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

{電子たばこ} {美容外科} {高収入バイト情報} {ハロー!江東区!} {台東クラブ} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {鶯谷・うぐいすだに} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO} {東京ぶらぶら} {台東紀行} {千葉の印刷なら千代田印刷} {アキバ中毒のページ} {GOGO!江戸川区!} {鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {墨田区紀行} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク}

ooo新型インフルエンザマスクooo 中野区居住化計画ooo 千葉野菜王国ooo 千葉とんかつooo 千葉の道の駅ooo 山手線エリア~銭湯~ooo 千葉天ぷら・千葉天ooo ~山手線エリア こだわりの和菓子屋~ooo リネージュIIクロニクル インタールードooo 渋谷ぶらりooo 模型大好き!モデラー志願!!ooo ちばパラ!千葉県のイベント情報満載中!!ooo うまい米@千葉ooo ダーツ大好き@千葉ooo 千葉県の天然記念物一覧ooo リネージュIIクロニクル2ooo フード、ドリンク.コレクションooo 上野Guide~上野であそぼう~ooo ショッピング 検索ooo 風呂の事ooo